2017年09月01日

À la carte en août



「6才で極めた、修業の初歩だね」  キルア=ゾルディック

とか言ってみたいですね。

物置ロフトを整理していたらダーツが出てきました。





利用者様も、職員もついつい熱中!





お誕生日おめでとうございます!
感謝の気持ちをこめて、色紙のプレゼントです♪



これからもお元気で♪




アイスキャンディーの差し入れ頂きました。


夏ですねぇ…




流行の?電球ソーダ?職員がお祭りで購入。

どうもコレとハンドスピナーの流行には
何か陰謀を感じてしまうのですが…



カラオケの風景

やはり、歌はいいね、と言わざるをえませんね。




丑の日には海鮮丼!


某UMA寿司様。朝一開店から約150皿分(具材のみ含む)の注文に応じて下さり感謝です。




秋の工作




8月のアラカルトでした!























  


Posted by グループホーム さいら at 15:00Comments(0)

2017年07月27日

七夕飾り



毎年富岡の七夕祭りに笹を展示するため、六月頃より
皆さんで作り貯めた笹飾りを、




飾ります!・・・一斉に!




やはり皆さんに馴染みのある行事はいいですね。



利用者様も職員も、童心に返り自然と笑顔に。



指一本で何でもできてしまう時代ですが、手作業ってやっぱり大事だと思います。



青年団の方が回収に来る前に記念撮影。



かなり立派なものができました!
皆さんの願い事もどうか叶いますように。











  


Posted by グループホーム さいら at 15:00Comments(0)

2017年07月08日

ピニャータ

夏の恒例、スイカ割りの風景です。



右!左!まっすぐ!

利用者様も元気な声で職員を誘導して下さいます。



あああ…危ない…!


ご安心下さい。職員の目隠しは薄く視界は良好なので
事故に至るような事はございません。

臨場感を楽しんで頂くための演出です♪




利用者様は目隠しなしで、

スイカを、叩いて頂くという…

奇妙な儀式のようですが、これがまた盛り上がるんです。




叩けばなにかの御利益があるかの如く。

スイカ割りの起源は諸説ありますが、

豊臣秀吉の景気づけから、佐々木小次郎の怨霊を鎮めるだとか、

まぁまぁ、

儀式は儀式

のようなので、あながち間違いでもないかと。

何より楽しんで頂けたならばなによりです。



素晴らしい、渾身の一振り。

剣豪のような気迫を感じます。



(この後職員含め皆さんで美味しく頂きました。)

今じゃ志村けんのアレも苦情が来るんですかね…



ああ、で、ピニャータが何かって話ですね。

ピニャータ (pinata) は、メキシコや他の中・南米の国の子供の
お祭り(誕生日など)に使われる、
中にお菓子やおもちゃなどを詰めた紙製のくす玉人形のこと。

海外にスイカ割りの風習はないそうですが、

目隠しして、棒で叩いて、割れたら中身ゲット、

という共通点が、不思議だなぁ。

って話でした。



閲覧ありがとうございます。









  


Posted by グループホーム さいら at 15:00Comments(0)

2017年06月07日

じゃがじゃがじゃが

3月のライオン。


じゃないです、(お勧めですが)

3月に植えたじゃがいもが収穫時期を迎えました!





利用者様が見守って下さる中…



モンスターハンターの採取風景さながら…



じゃがいも発見!!




皆様畑をされていたようで、
思い出話にも花が咲きます。



大漁大漁。


なんと、じゃがいもは昔花を見るだけの観賞用だったそうです。

当初は食べ方をよく知らなかったこともあり、食中毒を起こすなど評判が悪く、
なかなか食用には浸透しませんでしたが、

ドイツで30年戦争が起こり、国内の田畑は荒れ、食料が不足した際に、

当時のフリードリッヒ大王、大王自らが民衆の前で食べて見せ、栽培と食用にすること強調しました。

その身を挺して飢饉を救った大王はその後こう称えられたそうです。



いも大王、と。


いい意味ですよね?



といあえずとれとれを蒸かしておやつに。

月並みですがほくほくで、味が濃く好評でした!

今後のさいら畑も乞うご期待です♪


  


Posted by グループホーム さいら at 15:00Comments(0)

2017年04月03日

お花見

4月のお花見の様子です。



さいらから車で5分、小幡八幡へお花見に出かけました。



駐車場あり、車いすで入れるトイレあり、平日ならさほど混みもせず、
小幡の桜並木のビッグネームに隠れた穴場スポットではないでしょうか。
同業者の方にもオススメです。

お天気もよく、桜も、利用者様の笑顔も満開でした♪


  


Posted by グループホーム さいら at 11:00Comments(0)

2017年03月23日

早めのお花見



二月頃より準備してきました、桜の花びら
少しずつ利用者様に色塗りして頂きました。



はじめは枯れ木だった桜の木が利用者様の手により
開花を始めました。



どんどんと桜が咲き誇っていきます。




ここまで来ると満開まであと少し…






そして満開の桜の木が完成♪




とても鮮やかな色でステキね、と
早めのお花見が出来ました。

4月には小幡の桜並木へ
お花見を計画中です!

written by TT



  


Posted by グループホーム さいら at 15:00Comments(0)

2017年03月20日

メロンソーダ



若き職員が畑を耕しております。
未来の管理者?H君です。

窓際に映る人影は看護士のMさんです。
決してホラーな写真ではございません。




去年の夏は思いの外なすとおくらが豊作
(スイカとメロンは全滅)だったので、

今年のさいら畑はジャガイモに挑戦です。




種芋を切り、切った面に草木灰を




種芋を切る職員N君。

上毛カルタ縁の地踏破を目指しているのは彼です。





利用者様にも協力して頂き




準備完了!





種芋を等間隔に置き、肥料をまきます





早勤あけのSさんも参戦!
経験のある方の協力は心強い!

みんなで協力した作業、収穫が楽しみですね!





















って、メロンソーダってなんやねん!?



と、タイトルへの突っ込みに対応させて頂きますと、

先日参加した研修で、グループワークの際に命名したチーム名です。

講師曰く

「不思議とチーム名のようなチームに、なっていくんですねぇ」

だそうです。名は体を表すという事でしょうか。

グループホームや小規模多機能等の管理者が集い、
大変有意義な時間が過ごせました。
皆、同じような苦労をされているんだなと、
短時間で旧知の戦友のような絆を感じたのは私だけではないはずです。

メロンソーダの皆さん、お世話になりました。
私たち、メロンソーダみたいになれましたかね?
さわやかにいきましょう!


閲覧ありがとうございます。








  


Posted by グループホーム さいら at 17:50Comments(0)

2017年03月07日

サトウハチロー



毎度タイムリーでなくて申し訳ないですが、
ひな祭りの歌レクの様子です。




・うれしいひな祭り
・花
・春よこい
・春が来た
等々…




春にまつわる歌を皆さんと。

介護職に就いてから、民謡童謡などにふれる機会が非常に多く
なりましたが、よく見る作詞家、サトウハチロー。

なんだか郷愁、哀愁漂う、気になる歌詞だと思うとサトウハチロー。

皆さんと歌った「うれしいひな祭り」もそうですが、
タイトルの割には短調で、物憂げな雰囲気がありませんか?

サトウハチローがどんな人物かというと…

三歳の時下半身を大火傷してしまう事故にあい、足が不自由となり 一年半入退院を繰り返す。
病弱で甘えん坊、姉と母に溺愛される一方で父は厳格。

中学時代に父は女優と不倫関係になりハチローの母と離縁。
母は実家の青森に帰らされ、間もなく失意のうちに死去。

ハチローは 母を捨てた父への怒りから学校で暴力沙汰を起こしては、
度重なる留置場入り 札付きの不良となりました。

優しかった姉も18で縁談がまとまりますが
病気になり結婚することなく死去。

父は手におえないハチローを 知り合いの詩人福士幸次郎にあずけ、
そこでハチローは詩の才能を開花するようです。




偉人には壮絶な人生がつきものなのか、
人生が壮絶だと偉人になるのかわかりませんが、

この生い立ちあっての詩なんだなと、しみじみ。


うれしいひな祭りの二番の歌詞に

【お嫁に いらした 姉様によく似た官女の白い顔 】
と、ありますが、

せめて 歌の中でだけでも 姉を結婚さしてやりたい
というハチローの思いがこめられているそうです。




季節は外れますが「小さい秋みつけた」なんかも彼の作詞で、

秋を見つけた誰かさんとは入院していたハチロー少年、
くもりガラスの中からうつろな目で、外界の変化を五感で感じている…

っていう解釈がしっくりきます。


かと思えば「リンゴの歌」「かわいいかくれんぼ」
などの作風もあったり。

気がつけばいつもそこにサトウハチロー。

閲覧ありがとうございます。










  


Posted by グループホーム さいら at 15:00Comments(0)

2017年02月25日

ベリーベリー

利用者様のお誕生日を前に、ご家族様から
いちごの差し入れを頂きました。

いちごってもう、高級品ですよね。




お誕生日当日、職員の手により一工夫。

大ぶりで甘みが強く、酸味も程よく
非常に美味しい苺でした!




甘味は幸せを感じますし、
酸味は唾液の分泌を促しますし、良い事づくめですね!




遅ればせながらバレンタインの一枚。
こちらも職員の手作りお菓子。

バレンタインも昔と比べるとずいぶん様子が変わりましたね。
自分用とか、友達用とか。まぁなんでも、美味しい楽しいが
あれば幸せ。踊らな損損。

今後も行事には楽しく乗っかっていきます♪

閲覧ありがとうございます!







  


Posted by グループホーム さいら at 16:45Comments(0)

2017年02月16日

節分

遅ればせながら、本日豆まきを行いました。
BGMはLINDBERGの「今すぐkiss Me」です。




アップテンポなナンバーに乗せて鬼の躍動感、鬼の躍動感が凄いです。
利用者様もすかさず応戦!




利用者様がお元気で何よりですが、全力投球された
豆はそれなりに痛い…!ちょっと鬼を応援したくなります。




戦いの後のこの笑顔。

さすがにお歳の数だけの豆を食べるのは酷なのでおやつは甘納豆に。

今年も皆さん元気いっぱいに過ごせますように!

閲覧ありがとうございました!

  


Posted by グループホーム さいら at 16:00Comments(0)

2017年02月09日

歌はいいね。

歌は心を潤してくれますね。
人間の生み出した文化の極みなんて表現される方も。

本日は日々の音楽レク?たまに演奏会?
の様子をご紹介したいと思います。



普段の様子。昔なじみの歌というのは皆さんよく覚えていますが、
歌詞を見なくても歌える、という方も。凄いです。






こちらは利用者様が昔、カラオケサークルで活動されていた頃の
お友達の方がカラオケセットを持ち込んで下さったときの様子です。
大きな声を出すのは気持ちいいですね!
ホームに入られても、趣味やお付き合いの関係性の継続は支援致します。





利用者様のご家族様と共演させて頂きました。
遠方に住まわれているためメールでの打ち合わせや
譜面の郵送等のやりとりを経て、ぶっつけ本番!ちょっと緊張。




クリスマスのライブ。職員も活き活きと。



富岡市がこんな募集をしています↓

「第30回かぶらの里童謡祭作曲募集」

昔取ったなんとやら。若気の至りで上京していた黒歴史。
ちょっとチャレンジしてみようと思います。

閲覧ありがとうございます。







  


Posted by グループホーム さいら at 16:30Comments(0)

2017年01月27日

吉凶未分末大吉?



職員手作りのおみくじBOXです。

とってもアートですね。




見事大吉を引き当てたお二人。と思ったら…




大大吉!?
おちゃめな職員のサービスかと思ったら、本当にあるんですね。
京都の伏見稲荷大社のおみくじは通常のものと比べて格段に種類が多く
珍しいものがあるそうですよ。

旅好きな職員だから知っていたのか、偶然か…
いくつか紹介させて頂くと…


吉凶未分末大吉…(よしあしいまだわからずすえだいきち)
            吉か凶かまだわからないが先では大吉。

吉凶相半…(きちきょうあいなかばず)
        吉と凶が半々。

凶後大吉…(きょうごだいきち)
        凶だが凶の山を越えれば大吉。


それと知らず引いたら何事かと思うでしょうね。
立ち寄る機会があれば是非とも試してみたいです。
なにか人生の深みを感じるおみくじですね。




本日のおやつ。職員の手作りホットケーキ。
美味しかったですが、マヨネーズ入りと聞いてびっくり。
何の冗談かと思いましたがふっくら仕上がるそうですよ。
マヨ風味は全く感じませんでした。お試しあれ。


閲覧ありがとうございました。















  


Posted by グループホーム さいら at 17:45Comments(0)

2017年01月21日

笑顔に感謝…その2

またも昨年末の行事で恐縮ですが、
あまりにも皆さんの笑顔が素敵なものでついつい…




こちらは保育園児の皆さんの慰問の様子です。
元気いっぱいに歌って、踊って、可愛くて。

でも一生懸命覚えたんだろううなぁ…
大変だったろうなぁ、と思うと、

利用者さんもそうですが、私の涙腺も崩壊です。
ちょうど自分の子供も保育園、という事もありますが。

独身の職員はこの感涙の感覚はまだピンとこないようですね。




恒例の手遊び、ふれあいの時間…




笑顔が、笑うことが健康にとても良い、というのは間違いないな、
と実感できるひとときでした。いつも元気をありがとうございます。

もし趣味や特技を発表したい、という方がいましたら、
ご一報頂ければと思います。完成度は問いません。

閲覧ありがとうございました。







  


Posted by グループホーム さいら at 15:00Comments(0)

2017年01月20日

笑顔に感謝

来年の話をすると鬼が笑う、なんて言いますが
去年の話をしたら仏が泣くのでしょうか……

すいません。昨年末のイベントの事ですが紹介させて頂きたいと思います。




職員も在籍する甘楽町のフラサークルの皆様が慰問に訪れて下さいました。




「フラ」という言葉はそれだけで「踊り」を表すようなので、
「フラダンス」というのは正式には誤りだそうです。
よくチゲ鍋と聞きますが「チゲ」も「鍋」を表すので、同じ話ですね。





数回のお色直し、衣装も美しく、その洗練された所作に見とれてしまいますね。
利用者様からも拍手喝采。



本日は姉妹施設の「さら」からも利用者様と職員が訪れ賑やかでした。
記念撮影。よーく見ると皆さんピースではなく、独特なハンドサインをされています。

グーから親指と小指を離した形で、「SHAKA」というそうです。
ハワイでは頻繁に使われ、挨拶や感謝、また向ける向きで
少し意味合いも変わってくるとか。興味深いです。
私たちの間では、「ちょっと電話」を表すサインですね。

ヘヴィメタファンからするとメロイックサインに
見間違えてしまいそうですが…


皆様に感謝。

閲覧ありがとうございます。







  


Posted by グループホーム さいら at 15:00Comments(0)

2017年01月14日

願いよ届け



絵馬です。
利用者様に書いて頂きました。
なんといっても願うは健康第一ですね。

絵馬の由来をご存知でしょうか。
昔は馬が神聖な生き物とされ、祈祷の際神社に奉納されていた。
でも毎回馬を納めるのは大変なので絵馬になったらしいですよ。

調べればなんでも出て来る。便利な世の中ですね。
自分も利用者様の健康と幸を祈り
「無病息災・観天喜地」と書かせて頂きました。




こちらはある職員の野望、今年の抱負?



覚えるという事ではありません、
札の縁の地を全て訪れようという目論見のようです。
頑張って土産話を持ち帰って欲しいですね。



うっすら積もった雪と夕焼けのコントラストがきれいだったので…
ホームの北側窓から見えた景色です。

閲覧ありがとうございました。






  


Posted by グループホーム さいら at 16:48Comments(0)

2017年01月05日

お正月!

おせち

お正月といえばおせち料理は欠かせませんね。
食べる方に合った大きさ、形にしてなるべく見た目にも
楽しんで頂きたい。気合いが入ります。


かるた

かるた大会。普段仲の良い利用者様同士でも白熱しました!
昔なじみの遊びはいくつになっても楽しいですね。
現代の子ども達がお年寄りになったら…
テレビゲームをするのでしょうか…


お手玉

写真では伝わりづらいのは承知の上ですが、上手にお手玉をされています!


おしるこ

安心してください。ニューイヤーサイレントキラーは入っておりません。
お餅のように見えるのはゆるめの芋餅で、お餅のような雰囲気を楽しめつつ口溶けが
良いので事故に至るような物ではございません。
皆様お汁粉が大好きで毎年喜んで頂けます。


書き初め

先ほどお手玉をされていた利用者様、なんと習字にも長けていらっしゃいます。
趣味嗜好も極力継続していけるよう、職員がお手伝い致します。

閲覧ありがとうございました。


  


Posted by グループホーム さいら at 13:18Comments(0)

2017年01月03日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
ブログの更新に伴ってさいらの紹介をさせて頂ければと思います。

外観

甘楽の道の駅から川沿いの道を徒歩でも10分ほど。
カフェやおそばやさんのような外観と言われます。


フロア



内装、フロアの様子です。たしかにカフェのような趣が?


中庭

中庭もあり、先ほどのフロアや居室からも四季の変化が楽しめます。


桜祭り

近隣の桜並木、満開の頃の美しさは筆舌になんとやらです。


お花見1
お花見2
お花見3

お花見の様子でした。今後も生活の風景などなど紹介させて頂きます。
閲覧ありがとうございました。








  


Posted by グループホーム さいら at 13:07Comments(0)